ちょっとぶろぐ

日常のちょっとしたことをつらつらとマイペースで書いています


化学者の子供は女の子ばかりは本当か?

SPONSORED LINK

f:id:su108006:20160318152331j:plain 化学系の研究者の中ではちょっと噂されている話があるんですよ。

としさん(@su108006)です。

いつも友人にこの話をして初耳!って反応されることが多いこの話題。

「化学者の子供は女の子ばかり問題」

調べてまとめてみました。

あかちゃんの性別の決まり方

男性の場合、大きさと形の違う染色体が対になっていて、この染色体の一方は、女性の染色体と同様にX染色体と呼ばれ、大きさも形も違うものがY染色体と呼ばれています。こうした組み合わせの違いが男女の性別を分けている訳です。 http://www.choicebirth.com/knowledge/sex.html

つまり精子の染色体の違い=性別の違いというわけですね。

となると、この染色体のどちらが卵子にたどり着けるかで性別が決まりそうです。

女の子が生まれやすいとは?

精子に含まれる2種類の染色体はX染色体とY染色体と呼ばれます。

X染色体を持つ精子卵子と結合すれば女の子、X染色体を持つ精子卵子と結合すると男の子ができます。

つまりつまり?

女の子が出来やすいのは、X染色体がダメージを受けて弱りやすいことが原因なのかも?

ということです。

絵心ない僕があえてイメージ図を書いてみたのがこちら

所要時間1分。

丸いのは卵子、下のヒョロヒョロは精子(のつもり)です。

f:id:su108006:20160318154913j:plain

考えられる要因

有機溶媒

ピリジンっていう臭い溶媒があります。

12 名前:あるケミストさん投稿日: 02/04/23 01:56 ピリジン吸うと女の子しかできなくなるんじゃなかった? http://www.mentai.2ch.net/bake/kako/1019/10194/1019402750.html

もちろん真偽は不明です。

ただ個人的にめちゃくちゃ苦手な臭いなので、もしそうだとしたら納得の毒性です。

興味ある人はなんとか入手してぜひ臭いを嗅いでほしいものです。

「おえぇぇぇ」ってなります。笑

口や皮膚から体内に入って反応するんでしょうかね。

NMRのようなチョ~強力な磁石

磁石からの強力な磁力で何かがおかしくなってしまうパターン。

NMRは磁石を使った測定装置でおそらくどの大学にもあります。

ちなみに欲しい方いますか。

一台5000万前後するみたいです。

買えるかーい。

磁石がどれくらいすごいかというと誤って近づけた財布の中の磁気カードをすべてオジャンにするだけではなく

部屋内の近づいたパイプ椅子を引きつけて離さないくらいの力まであります(実話)。

それくらい強い磁石なんですよね。

大阪大学さんに面白い実例があったので参考に。

話を戻しますが、僕は磁石は専門外なのでなんともいえません←おい

物理、生物屋さーん、ヘルプ!

ストレス...笑

ストレスで禿げるみたいなノリで書いてしまいました。

でもこれなら世の中女の子ばっかりなってますよね。

これだけはないと言えそう。

参考にでも

こちらにもまとめて(?)あります。

さいごに

結局どれも調査が不十分のようです。

現在進行形で世界の何処かで研究されているんでしょう。

でも原因はわかりませんが、実際に女の子が多いのは確実な気がします。

誰かが研究して解明してほしいものです。

僕も子供ができたら女の子かな?!

女の子がほしい人は化学者になったら確率上がるかも?

広告を非表示にする